#58/excite.

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

運動会



d0150174_815897.jpg
「あーあー。テストテスト。本日は晴天なり。」(予報では午後から雨だけど。)

d0150174_816695.jpg
小学生の親子レース。
最後まで、がんばれがんばれ。

d0150174_8154382.jpg
保育園児の親子レース。
その名も「はじめてのおつかい」。

d0150174_8163522.jpg
保育園年長さんの次女。
小さいけど(笑)



More(最後はモノクロで)
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-30 18:05 | 春夏秋冬

黄金週間

え~と・・・今更ながら、ゴールデンウィーク最終日の撮影分。
5月らしい季節モノ「鯉のぼり」。

d0150174_622096.jpg


連休最終日、いつもとは違う帰路を通ったら鯉のぼりの大群に遭遇。

d0150174_6201717.jpg


d0150174_6205537.jpg


何時ものことながら、たいした画は撮れないもの、夢中でシャッターを切るひとときは何よりも楽しかったなぁ。

この時は縦カットを多用したけど、焦点距離35mmの画角でも奥行き感があって良いもんだね。

d0150174_6223687.jpg


ちなみにこのレンズ、輝度差がある被写体だとAFかなーり迷います。
フォーカスリミッターが欲しくなるほどに、じーこじーこと行ったり来たりを繰り返します(笑)。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-15 16:59 | 春夏秋冬

純正品と社外品

d0150174_181581.jpg


DA35mm/F2.8マクロに保護フィルターを付けMレンズの純正キャップを使っていたが、飛び出している脱着用のボタン部分が使い易い半面、時には引っ掛かって不便でもあり。

そんなゴールデンウィーク中、長岡のキタムラ店へふらっと初潜入。
そこで純正のレンズキャップ(49mm)を発見、即購入。

d0150174_1822387.jpg


しかしながら、こちらのキャップはレンズに装着すると脱着用のボタンはツライチになり引っ掛かりがない反面、その分取り外し時には脱着ボタンを確認しづらかったりして。

でも、外れかかってプラプラするよりましなのでOK。

あと、ストラップ。

純正付属品の35ミリ30ミリ幅がイマイチ馴染めず、40ミリ幅をweb検索してたのが連休前。
巡りめぐって辿り付いたのがアマゾンのページ

「40ミリ幅」
「ストラップ部分495mmとやや短め」
「全長は約1400mmと必要にして十分」
「表は本革、裏PVC」

と魅力的なスペック。

ハクバのページを覗いてもイマイチ仕様がイメージできないが、数字的にはジャストスペックなので即発注。
しかしながら入荷待ち状態(汗)。
まぁ、焦っても仕方がないので気長に待つことに決めた連休前。
その後「入荷予定メール」「入荷メール」「発送メール」と、当初の「5月半ばの配送予定」がじゃんじゃん繰り上がり、連休最終日に帰宅したら届いてた。
連休中に使えなかったのがちょっと残念だけど、まずはラッキー。

d0150174_18382025.jpg


見た目ただの「幅広黒革ストラップ」なのだが、裏面のPVCのグリップ具合も程よく快適。
「HAKUBA」のタグも裏面のみという控えめすぎるデザインがすばらしい(笑)。

移動時のタスキ掛けがギリギリできる長さにセットし気持ち良く使えてる今日この頃。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-10 18:17 | 機材

4連休

本日より4連休のため?4エントリー目。

d0150174_10195856.jpg


いろんな思い出を写真にできたらいいなと思いつつ。

d0150174_10192270.jpg


4日間ほど長岡潜伏のためケータイユーザー化します。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-03 10:21 | ヒトリゴト

PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

某クションに12-24ミリを放出し、ぽちっと購入した「DA35mmF2.8 Macro Limited」
初の等倍マクロでもある。

d0150174_9233093.jpg


d0150174_9235198.jpg


しかしながら35ミリという焦点距離に等倍マクロとなると、被写体によってはレンズが突進して行き接触する可能性も高い。
というか、すでに数回アタックしてるけど(汗)。

レンズフードはスライド式を内蔵しているが、伸ばした状態でぶつけると変形して収納できなくなるような気がする。
取外しの手間はない分、気を使う機構だ。

そんなこんなのテスト使用の結果、初のレンズプロテクターに「Kenko MCプロテクター」を某クション新品半値でチョイス。

プロテクター装着により付属の被せ式の純正レンズキャップが装着不能となったが、いつかどこかで落としてきそうな気がしてたので結果オーライ。
Mレンズの純正キャップを使っている。

今日までに、室内と屋外の子供撮りを経験したが、絞り開放でもハズレショットが少なくうれしい限り。
SIGMAの28-70/2.8と数値的スペックは同じだが描写はあきらかに違う。
そこはやはり単焦点レンズ。

ズームレンズからすれば確実に軽量で小型なわけだが、全長が今の半分でF2とかだったらさらにステキなレンズだったろうに。
でも、マクロ機能付きだから許せるけど(笑)。

d0150174_959524.jpg


現在の常用レンズ。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-03 10:08 | 機材

自分の1

4月は2日続けて桜撮りに出掛けた。

 ◇ ◇ ◇

最終的に28-70ミリの35ミリ付近(換算50ミリ付近)固定での撮影に落ち着いた前日。
換算50ミリ付近の画角はやはり撮り易い。
撮っているうちに視界が50ミリの画角に慣れてくる感覚がある。

以前は50ミリ(換算75ミリ)の画角の方が自然な感じがしていたが、最近は35ミリ(換算52.5ミリ)のほうが融通が効くようだ。

 ◇ ◇ ◇

で、2回目の撮影は広角レンズ(12-24ミリ)でダイナミックに桜を狙う予定で出掛けてみたのだが・・・。

d0150174_7543632.jpg


d0150174_7552666.jpg


正直言って、1枚目からイメージ通りに撮れない。
いや、1枚目はどんな画角でもいつも戸惑うのだが、その後の脳内修正はできる気がしている。
ところが、今回はそんな気がしない。

某湾密の中のセリフを思い出す。

   「自分の1」

そんな言葉が頭をよぎる。

d0150174_755434.jpg


d0150174_7555386.jpg


正直、焦った。
こんなはずじゃなかったのに。

そもそもGSさんの画を見て撮ってみたくなって入手した広角レンズだったわけだが、如何せん「自分の1」が起きそうにない。
なんとも掴みどころがないのだ。

仕方ない。
ひとまず桜を諦めて被写体変更。
山の中へとクルマを走らせた。

でも、その道の途中の大自然に向かってカメラを向けてみてもやはりピンとこない。
寄っても引いても何も見えてない。

残念ながら、ここでギブアップ。

諦めてクルマを走らせると、予想通り除雪がされておらず(目的地のキャンプ場までの道は)開通していない雰囲気。

と、そのとき視界に入る脳内50ミリ画角の風景。

More(続きはコチラ)
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-03 10:07 | 機材

初桜撮り

4月中はなんとも忙しく自分の時間の確保が難しかった。
それでも4月といえば「桜」。
この時期を逃したらまた来年、1年後のお楽しみになってしまう。

・・・いや、そもそも花見で一杯とかは大好きだけど、桜というか花なんて撮ろうと思ったことはなかったかもしれない。

と、いうことでモノは試しで初「桜撮り」に挑戦。

d0150174_692971.jpg


d0150174_610525.jpg


d0150174_6112150.jpg



土日連休の土曜日の早朝に桜を求めて彷徨いパチパチと撮影。
そこそこほぼイメージ通りな写りだったので家族にアピールすべく(初)プリント。

まずまずのリアクションを得る。
が、「絶賛」とまでは行かないところが自分レベルなワケで(汗)。

正直、桜だけ撮ってたらもうおなかいっぱい。
あんまり花好きじゃないのか?<自分

d0150174_763933.jpg

[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-03 10:07 | 春夏秋冬

コンパクトカメラ

3月半ばからなんとも忙しくて写欲が悶々とする中、K10Dに触れない日が続いた。
そこで「いつでも一緒に居られる」的コンセプトでコンパクトカメラを物色してみた。

結果的に店頭の実機調査で「デザイン(質感)、サイズ、操作性」RICOHR8に釘付け。

その後のweb調査で自問自答を繰り返し「コンパクト機でRAW撮りしたり単焦点レンズを使いたいワケではない」という理由から、同じRICOHではGRD2GX100には目もくれず(笑)また、SIGMADP1には全く手が届かず(笑)さっさとR8を購入したのが3月末の話。

事前の店頭実機調査でステップ式にズームを設定できるところが気に入り、その後のweb調査から、ズーム作動時及び起動時に「じりーじりー音」が発生するのは仕様であるという情報から、購入直後から安心して「壊れそうな作動音」も受け入れられた(笑)。

そして、その携帯性にも当然のことながら満足を得た。
(入れてさえおけば)いつも胸ポケットにカメラがあるというのは、なんとも言えない充実感でいっぱい。

正直言うと最小サイズデジイチ「オリンパスE-420&25mm/F2.8パンケーキレンズ」というセットも魅力的ではあったが、如何せん胸ポケットには収まらないので今回は断念した。
というか、予算的に断念せざるを得なかったワケだが(笑)。

と言うより、今回はギリギリチープな写りで良かったし、それよりもサイズとデザインは譲れなかったのでR8という選択はベストアンサーだったのではないかなと。

機能的には、F値に関しては目を瞑るとしても(笑)コンパクトカメラとしての写りに関しては必要にして十分なものでパンフォーカスで良いなら気楽に撮れる。
マクロモードも必要にして十分。コンパクト機らしい白飛びは置いといても(笑)暗部は意外と粘ってくれてうれしいくらい。

あとは、最小画像サイズ(640 x 480)で高画質設定があれば文句なしだったのだけれども、イマドキの1000万画素が売り文句なら仕方ないと言ったところか。

それから、高感度ISO1600はまぁどーでも良いとして(笑)ISO64というベース感度がむしろ好感度だったり。

結局のところ、取説なしでもほぼ使い回せる直感的操作性が嬉しい限りだったりして。

d0150174_805079.jpg


「ストレス性衝動買い」もたまには良いものです(笑)。

【メモ】過去エントリーの2~3件画像が㌧でる。そのうち修正しようそうしよう。修正済み。サイズデカイけどま、いいや。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-01 08:23 | 機材