#58/excite.

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カスタマイズ

さて、E-410。

E-420発売当初のパンケーキスタイルにヤラれたクチなので、必然的にそうなる。

d0150174_10372563.jpg
K10D/smc PENTAX‐M 50mm F1.7にて


ボディジャケットにパンケーキの定番スタイルに、手持ちのパーツを組み込みカスタマイズ。
ステップアップリング(43mm→49mm)+MCフィルター(49mm)+DA40フード(49mm)を装着したのがコレ↓。

d0150174_1042352.jpg
K10D/smc PENTAX‐M 50mm F1.7にて


いささか、パンケーキ感は薄れるが、ステップアップリングのみの追加なのでひとまずはOK。

他の手持ちの49mmパーツで遊ぶとDA70のフードが装着できるのがコレ↓。

d0150174_10452327.jpg
K10D/smc PENTAX‐M 50mm F1.7にて


いやいや、コレではあんまりなので、現実的なのはフィルターにキャップのスタイルか?

d0150174_10464214.jpg
K10D/smc PENTAX‐M 50mm F1.7にて


しかしながら、しばらくはフィルムケースキャップ仕様で使ってみるとする。

d0150174_10493863.jpg
K10D/smc PENTAX‐M 50mm F1.7にて


ちなみにこのスタイルで実測668g。
未だ、K10Dのボディ(電池、SDカード付き)790gには及ばず、すばらしい。

More(で、最近のK10Dは・・・)
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-07-26 10:56 | 機材

小型軽量化計画

d0150174_1655147.jpg


小型軽量を狙って先日導入したDA70mmF2.4 Limitedの重量は130g。
K10Dのボディ(電池、SDカード付き)790gと合わせて920g。

換算約100ミリでこのサイズでこの描写、満足ではある。
しかしながら、スナップ撮影に常用できるかと言えば、もう少し広い画角が欲しいのも事実。

因みに標準レンズとして導入したDA35mmF2.8 Macro Limitedはと言えば190g。
K10Dとのセットで980g。
DA70との組み合わせよりも重くなる。

DAリミテッドシリーズ、最薄・最軽量のDA40mmF2.8 Limitedの90gと合わせると880g。
重量的にもサイズ的にも言ってみれば、K10Dではコレが限界。
コレ以上の軽量化はありえないわけだ。

師、曰く(笑)『軽さは正義』なのだから、ココはひとつ(1週間くらい)悩んでみた。

換算約50ミリのDA35を使ってみて思ったのは、最短撮影距離は20センチも寄れれば十分すぎるくらいだということ。
実際、DA35ではマクロレンズであるが故、AFが迷ったときは行ったり来たりで歯痒い場面が多々あったし、そもそもスナップ撮影ではそこまで寄るのも稀だったという個人的見解。
等倍マクロな35ミリは便利なようで実は不便な部分もあり、マクロを使うなら潔くマクロレンズと思い直し、まずはDA35mmF2.8 Macro Limitedを某クションへ放出し資金調達を決行。

そして、手の届く範囲でのトレードを企てる。

基本的に、金額トレードが成立すれば次期レンズは新品でも中古でも構わないので、そこそこある出品物をチェックすること数日。
この価格で新品なら納得だわというブツに出くわした平日の午前10:00の某クション(笑)
出品時間は1時間ほど前なので、コレが出会いというものなのねん(笑)とほくそえみながら希望落札価格で入札し落札。

入金した翌日には手元に届いた。
ビバ!某クション。

で、今回DA35という標準レンズ@190gを放出して手に入れた標準(ズーム)レンズ@190gには、デフォルトで軽量なボディが付いてきたという事実は未だ家族には内緒だったりする(笑)

ということで、それがコレだ。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-07-12 17:26 | 機材