#58/excite.

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

次期

いつの間にか(笑)フォトキナも終了したようで。話題独占は「LUMIX DMC-G1」と言ったカンジでしょうか。密かに期待していた「E-二桁機」は防塵防滴機能が乗らないようでがっくし。オリのマイクロ4/3機の発売ももう少し先のようなので、しばし妄想をば。

------------------

さて、メイン機。

現在K10Dを使用。ボディ内手ぶれ補正と防塵防滴ボディ、ゴミ取り機能付きの心強い相棒。しかしながら、AF性能とゴミ取り性能に若干の不満あり。まぁ、組み合わせるレンズにもよるのだが・・。

メイン機とはいえ実は活躍の場は少なく(汗)望遠ズーム装着の時がメインステージ。運動会など主に屋外での砂埃上等なステージが多い。

このメイン機に望む性能は「いつでも撮れる安心感」。多少の雨風や砂埃、水辺での水滴も気にせず使えるタフさ。加えて信頼できるAF機能。他力本願的に(笑)カメラというシステムに身を委ねられる性能が欲しい。今のK10Dでそれを実現するのも出来なくはないのだろうが、もうひとつゴミ問題で信頼がおけなかったりする。

となると、最強のゴミ対策と感じるオリンパスのSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)のE-システム、これはサブ機のE-410で体感している。で、欲しい機能を追っていくと必然的に(笑)「E-3」となってしまう。

E-3の本体のみ約810gという重さも、K10Dの本体のみ710g 、 電池/SDカード付きで790gという重さから極端に重いとは感じないので問題なし。サイズ的にも、E-3くらいのグリップサイズがしっくりくるのは実機調査済み。問題になるのは、おそらくZDレンズの大きさと重量なのだろう。

いや、そのレンズスペックから見れば重さもサイズも納得なのだが、もう少しハイグレードシリーズあたりには軽快感があればなぁと。あと、単焦点レンズのラインナップが薄いのも気にはなるが、現在のメイン機としての使用方法を考えれば、寂しさはあれど(笑)まぁ、問題なし。

しかしながら、最大のネックはE-3ボディ購入とレンズ入れ替えのコストなのだがね(苦笑)

-----------------

はい、サブ機。

E-410に25/2.8パンケーキを常着して使用。キットレンズの14-42もあるが、まったく使う気にならないほど35ミリ換算50㎜という画角は使いやすいことこの上なし。手ぶれ補正もこの画角なら必要なし。ダイナミックレンジの狭さは多少アレだが(苦笑)、サブ機としてのサイズ、重量は満足レベル。

だがしかし、この使い方ではレンズ交換式の意味がない(笑)
交換しなければSSWFの意味もない(爆)

ということで、気になり出したのがフォトキナに出品されたシグマのDP2。DP1の28㎜/F4の単焦点レンズに対し、DP2は41㎜/F2.8とは、コレいいんじゃない?となるワケだ。しかも発売が 【「DP2」は2009年前半の発売を目指す】と言われると、ねぇ(笑)

妄想は止まらない。
 
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-10-01 19:01 | ヒトリゴト