#58/excite.

タグ:RICOH R8 ( 2 ) タグの人気記事

PENTAX DA35mm F2.8 Macro Limited

某クションに12-24ミリを放出し、ぽちっと購入した「DA35mmF2.8 Macro Limited」
初の等倍マクロでもある。

d0150174_9233093.jpg


d0150174_9235198.jpg


しかしながら35ミリという焦点距離に等倍マクロとなると、被写体によってはレンズが突進して行き接触する可能性も高い。
というか、すでに数回アタックしてるけど(汗)。

レンズフードはスライド式を内蔵しているが、伸ばした状態でぶつけると変形して収納できなくなるような気がする。
取外しの手間はない分、気を使う機構だ。

そんなこんなのテスト使用の結果、初のレンズプロテクターに「Kenko MCプロテクター」を某クション新品半値でチョイス。

プロテクター装着により付属の被せ式の純正レンズキャップが装着不能となったが、いつかどこかで落としてきそうな気がしてたので結果オーライ。
Mレンズの純正キャップを使っている。

今日までに、室内と屋外の子供撮りを経験したが、絞り開放でもハズレショットが少なくうれしい限り。
SIGMAの28-70/2.8と数値的スペックは同じだが描写はあきらかに違う。
そこはやはり単焦点レンズ。

ズームレンズからすれば確実に軽量で小型なわけだが、全長が今の半分でF2とかだったらさらにステキなレンズだったろうに。
でも、マクロ機能付きだから許せるけど(笑)。

d0150174_959524.jpg


現在の常用レンズ。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-03 10:08 | 機材

コンパクトカメラ

3月半ばからなんとも忙しくて写欲が悶々とする中、K10Dに触れない日が続いた。
そこで「いつでも一緒に居られる」的コンセプトでコンパクトカメラを物色してみた。

結果的に店頭の実機調査で「デザイン(質感)、サイズ、操作性」RICOHR8に釘付け。

その後のweb調査で自問自答を繰り返し「コンパクト機でRAW撮りしたり単焦点レンズを使いたいワケではない」という理由から、同じRICOHではGRD2GX100には目もくれず(笑)また、SIGMADP1には全く手が届かず(笑)さっさとR8を購入したのが3月末の話。

事前の店頭実機調査でステップ式にズームを設定できるところが気に入り、その後のweb調査から、ズーム作動時及び起動時に「じりーじりー音」が発生するのは仕様であるという情報から、購入直後から安心して「壊れそうな作動音」も受け入れられた(笑)。

そして、その携帯性にも当然のことながら満足を得た。
(入れてさえおけば)いつも胸ポケットにカメラがあるというのは、なんとも言えない充実感でいっぱい。

正直言うと最小サイズデジイチ「オリンパスE-420&25mm/F2.8パンケーキレンズ」というセットも魅力的ではあったが、如何せん胸ポケットには収まらないので今回は断念した。
というか、予算的に断念せざるを得なかったワケだが(笑)。

と言うより、今回はギリギリチープな写りで良かったし、それよりもサイズとデザインは譲れなかったのでR8という選択はベストアンサーだったのではないかなと。

機能的には、F値に関しては目を瞑るとしても(笑)コンパクトカメラとしての写りに関しては必要にして十分なものでパンフォーカスで良いなら気楽に撮れる。
マクロモードも必要にして十分。コンパクト機らしい白飛びは置いといても(笑)暗部は意外と粘ってくれてうれしいくらい。

あとは、最小画像サイズ(640 x 480)で高画質設定があれば文句なしだったのだけれども、イマドキの1000万画素が売り文句なら仕方ないと言ったところか。

それから、高感度ISO1600はまぁどーでも良いとして(笑)ISO64というベース感度がむしろ好感度だったり。

結局のところ、取説なしでもほぼ使い回せる直感的操作性が嬉しい限りだったりして。

d0150174_805079.jpg


「ストレス性衝動買い」もたまには良いものです(笑)。

【メモ】過去エントリーの2~3件画像が㌧でる。そのうち修正しようそうしよう。修正済み。サイズデカイけどま、いいや。
[PR]
by kobatch_r-rs | 2008-05-01 08:23 | 機材